Windows ReadyBoost

Windows Vista から Windows ReadyBoost(USBメモリーを本体メモリーの様に使う)が使えるようになりました。
 
実際に使う必要も無かったので気にもしなかったのですが、古いパソコンの256MB搭載から最大の1GBへアップして、
メモリー増設(Vista)の問い合わせが有り、Windows 7 ultimate をインストールしたので試してみました。
 
Windows Messenger、Skype が使えるまでの時間を計測しました。
80秒から72秒となり、8秒短縮出来ました。
 
ちなみに2GB搭載のディスクトップで試してみたら(XPとVistaのDualBoot)、78秒から60秒です。ビックリ
 
通常使っているXP(同じパソコンです)でテストしたら78秒でした。
Vista と同じでしたが、環境が違うので(ウイルス対策)比較は出来ないと思いますので、参考にしてください。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください