Hitachi(IBM)の Drive Fitness Test を USB から起動

保守用ツールとして、Hitachi の Drive Fitness Test を USB から起動出来るようにしました。
 
きっかけは Windows Vista でパスワードを忘れた時のパスワード解析ソフトをUSB起動できる事が分かり作成。
XXXメーカーのノートパソコンでCD-ROM起動中にハングアップしてしまいパスワード解析出来ず、初期化になったのが本当のキッカケ。
BartPE も同じように USB起動方法があり作成。
 
Drive Fitness Test も探したのですが見つからず、どうしてもモバイルパソコンで必要なので作りました。
外付けFDD装置、CD-ROM装置を持っていれば良いのですが、面倒ですよね!
 
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください