リモート アシスタンス 事例

Dell Inspiron 15 Windows Vista を “リモート アシスタンス” でサポート出来ていましたが、
リモートアシスタンスを使いながら Windows 7 にアップデート(事前準備もすべて含めて)したら、
リモートアシスタンスで送られて来る画像が、すごい昔のテレビみたいに斜めなってしまいました。
 
たたいても直る筈が無く、・・・絶対にたたいてはいけません!(真空管だったら直るかも?)
 
画面解像度により “リモート アシスタンス” の考慮不測、またはモニタードライバーの考慮不測が考えられます。
 
結果として、画面解像度を 1366x768 から 1280x768 に変更すればOKでした。
 “リモート アシスタンス” 中に 1366x768 の解像度に戻してもOKでした。
 
今回の障害はこれで対応出来るようになりましたが、私の方のOS(オペレーティングシステム)はXPです。
Windows Vista、7 では “リモート アシスタンス” の接続が出来ません。
通常使っているのが、Windows XP だから問題は無いですが!
2014年までにマイクロソフトが解決してくれるでしょう?!
 
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください