Google アプリがすごい

google マップを使って元の場所に戻る方法(もう迷子にはなれない!)
戻りたい場所で(例えば大きな駐車場、駅)google マップを開き、
現在地のGPSアイコン(画面中央の青丸)をタップして、
次の画面で“駐車場の場所を保存”をタップすれば“ここに駐車しました”と表示されます。
戻る時は右下に表示される経路をタップして開始をタップすれば良いです。
“ここに駐車しました”マークは24時間経てば消えるそうです。

電波の届かない山でも電波の届く所からナビを開始すれば大丈夫の筈です。
sim無しスマートフォンで試しました!
まずは電波の届く所(WiFi接続)でナビを起動しておきます。
WiFiが切れてもナビは大丈夫でした。
ルートを外れると再検索中になりますが、元のルートに戻れば再検索中は消えます。
到着したら接続無しで何も出来なくなりました。(最寄りの駅まで行きました)

google フォトが無料で容量無制限!(WiFi接続時に自動バックアップ)
iPhoneの方は自動バックアップ設定を念のため確認してください。
下記クラウド説明のリンクで、その中を一部を貼り付けています。
http://www.asahi.com/and_bazaar/articles/SDI2017053168011.html
クラウドサービスが便利!
 写真を保存するだけなら、やはりクラウドサービスが便利でしょう。例えば、グーグルの提供する「Google フォト」は、iPhone、Androidどちらの端末でも使え、パソコンからでもファイルを見られる使いやすいサービスです。アプリをインストールして「バックアップと同期」をオンにすれば、スマホの中にある写真を自動的にクラウドに保存してくれます。しかも無料、容量無制限をうたっているサービスですので、1日に何百枚と写真を撮る人でも安心です(2017年5月末現在)。

 念のため気をつけたいのが、写真や動画の画質です。無料で使うにはサイズに制限がかかり、写真の場合は1600万画素を超えたものは自動的に縮小されてしまいます。とは言っても、一般的なスマホ写真なら気にする必要はないでしょう。例えば、最新のiPhone7でも写真のサイズは1200万画素なのですから

iPhoneならパソコン用専用ソフト「iTunes」でデータを丸ごとパソコンに保存しておけます。また、アップルが提供するクラウドサービス「iCloud ストレージ」にもバックアップが可能です。こちらはiPhoneだけでバックアップできる手軽さが魅力。ただ、無料で使える容量が5GBまでと少なく

google Duo アプリ(ビデオ通話)音声通話のみも出来ます。
着信応答前に発信者の映像を確認できます。
(受けたくなければ放置すれば自動で切れます)
電話番号による設定なので安心出来るはずです。
iPhoneもアプリをダウンロードすれば使えるようになります。

追伸:
1.Windows10 の大きなアップデートが年2回有り、
秋バージョンが10月17日より始まります。
アップデートの都度 Microsoft OneDrive がインストールされています!
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/onedrive/default.aspx
容量も5GBなので使わない方は削除した方がパソコンの負荷が少ないです。

2.私のマイクロソフトアカウントを削除してください。
理由は yahoo からのメール送信エラーが多くなりました。
再送すればOKになる事が有りますが信頼出来ません!
(アドレスの元はyahoo(エイアリス使用)なんです)

皆様のマイクロソフトメールにはグーグルからのメールアカウントで送信します。
返信はそのままで良いですよ!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください